本田真凛“元ポスト真央”の悲哀「1年ってすごく早いなと思った」

日刊ゲンダイDIGITAL によると。

 21日に開幕する全日本フィギュアの公式練習が行われた20日、こう吐露したのは女子の本田真凜(17)である。

 平昌五輪の出場権がかかった昨年の全日本ではショート(SP)、フリー(FS)ともにジャンプにミスが出て7位。五輪代表を逃し、同大会で優勝した宮原知子(20)と2位の坂本花織(18)が選出された。昨年、彗星のごとく現れた坂本は一躍「時の人」に。今年はグランプリ(GP)ファイナルで平昌金メダリストのザギトワ(ロシア)を破って優勝した紀平梨花(16)がその椅子に座った。

 さかのぼること2年前、真凜にもそんな時代があった。2016年に初出場した世界ジュニア選手権でSP、FS共に自己ベストを大きく更新して優勝。瞬く間に注目を浴び、JALとスポンサー契約を結んだ。人気先行と揶揄されながらも、引退した浅田真央(28)の“後継者”として常に耳目を集めていた。

 が、今季はGPシリーズで表彰台はゼロ。今年4月には幼少期から指導を受けてきた濱田美栄コーチの元を離れ、米国に拠点を移したものの、世界のトップに躍り出たのは皮肉にも、濱田コーチの指導を受ける同門の後輩・紀平だった。

「環境が変わって全てが変わって、自分が一番変わった年だった。ジャンプはまだうまく噛み合わない部分もあり、精神的な部分でもうまくハマっていないところもある。自分が一番試されている年。目標は点数に関係なく、SPもFSもクリーンな演技を目指してベストな演技ができたら」

 この全日本で自分を追い抜いていった後輩に一矢報いることはできるか。

坂本花織が逆転初優勝、宮原のV5阻止…紀平梨花は逆転ならず

スポーツ報知 によると。

 女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(18)=シスメックス=が、152・36点の合計228・01点で、SP首位の宮原知子(20)=関大=を逆転し、初優勝。来年3月の世界選手権の代表に決定した。坂本は昨年の大会ではSP首位から2位に終わったが、雪辱した。

 女子としては伊藤みどり以来となる5連覇をねらった宮原は、146・58点の合計223・34点で3位。SP5位から逆転での初制覇を狙った紀平梨花(16)=関大KFSC=は、155・01点の合計223・76点で2位だった。本田真凜(17)=JAL=は合計164・23点。
 坂本花織「実感がわかなくて。初めて228点を取れて満足してます。鼓動が聞こえるくらい緊張した」

ザギトワ、SP首位発進!トルソワ2位、メドベ14位に沈む

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・ロシア選手権第2日(21日、サランスク)来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)などの代表選考会を兼ねて行われ、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)が80・62点で首位発進した。昨季の世界ジュニア選手権女王のアレクサンドラ・トルソワ(14)は74・96点で2位、ジュニアGPファイナルで初優勝したアリョーナ・コストルナヤ(15)は74・40点で3位だった。エフゲニア・メドベージェワ(19)は62・24点で14位だった。

 ザギトワは今月上旬のグランプリ(GP)ファイナルで紀平梨花(16)=関大KFSC=に敗れたもののGPシリーズで2連勝と安定感があり、2連覇を目指す。メドベージェワは昨季終了後にカナダに拠点を移し、五輪男子連覇の羽生結弦(24)=ANA=と同じブライアン・オーサー・コーチ(57)に師事している。

紀平梨花の強さの秘密、運動神経+絶対音感+精神力

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケートの全日本選手権が21日、大阪・門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。注目は今月上旬のグランプリ(GP)ファイナル(カナダ・バンクーバー)で初出場優勝した紀平(きひら)梨花(16)=関大KFSC。シニアデビューシーズンを軽やかに駆け抜ける紀平の原点の一つである「ヨコミネ式教育」を行う広田幼稚園(兵庫・西宮市)を直撃した。

 2月の平昌五輪女王、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=を2位に抑えての衝撃V。紀平は日本勢では2005年の浅田真央以来となる、GPデビューシーズンのファイナル制覇を成し遂げた。そんなスーパーガールが通っていたのが広田幼稚園。女子プロゴルファー・横峯さくら(33)=エプソン=の叔父、吉文氏(67)が提唱する「ヨコミネ式」の教育法を取り入れている幼稚園だ。

 読み書き、計算、音楽、体操に力を入れており、6歳の年長までの子供たちが目隠しして鍵盤ハーモニカを弾ける絶対音感や、逆立ちで歩き回れる運動神経を身につける。紀平の在園当時に園長だった岸圭一理事長は、こう振り返る。

 「小柄な子供さんでしたけど、そのなかでも足は速くて、リレーやマラソン大会でも1位。それも断トツで速かったですね。音楽も得意でした」

 活発に動き回る元気印で運動神経は抜群。卒園までの目標とされる跳び箱8段を比較的早く跳べるようになり、逆立ちは先生役として、他の園児に手本を披露することも珍しくなかった。年長時には運動会の1・6キロ走で2位に半周(400メートル)以上の差をつけて優勝したこともある。

 難度の高い課題が並ぶなかで、最も身につくのは演技に直結する音感でも運動神経でもなく、精神力だという。何度、失敗してもくじけず、挑戦を繰り返すことで諦めない強い精神力が育つ。そして、その先に得られる成功体験が、さらに大きな成長につながるという。

 紀平は根っからの負けず嫌いだった。家族で娯楽としてスケートを初めて体験したのは、3歳の頃。当然、転んでばかりだが、滑れるようになるまで帰らなかった。生来の性格に、さらに幼稚園で培われた「諦めない精神」が、現在の活躍の礎になっている。

 紀平は、世界選手権(来年3月、さいたま)代表選考会を兼ねて21日から4日間行われる全日本選手権で初優勝を狙う。05年の浅田がなしえなかったシニアデビューシーズンでのGPファイナルと全日本選手権の2冠もかかる。20日に公式練習を行う教え子に、岸理事長は「まだ16歳ですから、これからさらに活躍して4回転(ジャンプ)を見たいですね」と熱いエールを送った。