ディズニーランドの一角にソーの故郷であるアスガルドが再現

映画.com ニュースによると。

今秋全米公開される「マイティ・ソー ダーク・ワールド」のプロモーションとして、米アナハイムにあるディズニーランドに同作のアトラクションが設置されることになったとバラエティが報じた。

ディズニーパークのブログで明らかにされ、ディズニーランドの一角にソーの故郷であるアスガルドが再現される模様だ。2009年にマーベルを買収したディズニーは、マーベルのコンテンツを多角展開しており、ディズニーランドへの進出もそのひとつ。

ただし、買収前にマーベルがユニバーサル・スタジオと結んだ契約の影響で、ディズニーはマーベルの主要キャラクターを用いたアトラクションを作ることができない事情がある。そのため、「アイアンマン3」の全米公開時にディズニーランドに用意された特設コーナーも、アイアンマンの歴代スーツの展示だけだった。現在ディズニーが準備中とされる「マイティ・ソー」のアトラクションも、同種のものになりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください