空飛ぶトナカイに一目惚れ!ディズニーホテルのXmasディナー

東京ウォーカー によると。

クリスマスのスペシャルイベントがスタートした、東京ディズニーリゾート。ディズニーアンバサダーホテルのカリフォルニア料理レストラン「エンパイア・グリル」では、12月25日(日)までの期間、「“クリスマス・ファンタジー”エンパイアディナー」(1万円)を提供している。

前菜からデザートまで、クリスマスらしさ満載の5品がそろう同コース。なかでもひと際目を引くのは、デザートの「マロンのパルフェグラッセ」だ。空飛ぶトナカイをイメージした一品で、ゴールドに輝く飴細工が何ともゴージャス!飴細工は手でそっと持ち上げると、中にマロンの氷菓子が入っている。

スプーンですくって一口食べてみると、マロンの芳醇な甘味にアプリコットとラズベリーの酸味が加わり、絶妙な甘さ加減。ひんやり冷たく、ふわっとした口当たりも心地よい。周囲にはサクッとしたコーヒーのメレンゲが添えられ、食感の変化も楽しめた。

まるでアート作品のような美しさだが、パルフェグラッセを覆うゴールドの飴細工も、もちろん食べられる。スプーンの背で軽く叩いて割り、パルフェグラッセにつけて味わうのもおすすめだ。

今回はデザートの他に、前菜「赤カブのマリネで包んだオマールとクレームスフレ 酸味の効いたりんごとセロリのゼリーと共に」と、メイン「ウズラのロースト 茸のファルス包み エシャロットソース」を試食させていただいた。

前菜はオマール海老を使った3品の盛り合わせ。オマール海老の爪をアメリケーヌ・ソースでシンプルに味わう品から、さまざまな素材やソースとの相性を楽しむものまで、バラエティに富んだ一皿に仕上がっている。

なかでも、オマール海老のムースにセロリとリンゴのジュレを合わせた一品が、記者のお気に入り。オマール海老の旨味とリンゴの酸味、ふんわりとしたムースとパリパリのチップスが複雑に絡み合う、新感覚のおいしさだった。

メインはウズラのローストの中に、エシャロットとエリンギ、ウズラのペーストを詰め合わせた一品。ウズラが持つ濃厚な旨味に、アーモンドとピスタチオのローストが香ばしいアクセントを加える。ぜひ赤ワインと一緒にご賞味あれ!

実際のコースではこれらの料理の他に、「白子のベニエ 根菜のリゾットとトリュフソース」と「スズキのポワレ ヘーゼルナッツ風味の白ワインソース ナスのピュレと共に」が付く。

なお、ディズニーアンバサダーホテルでは12月25日(日)まで、東京ディズニーランドで開催されている「クリスマス・ファンタジー」と連動した客室(5万4600円~6万8900円)が登場中。ベッドカバーやベッドボード、椅子の背もたれなどに、クリスマスムード満点のデコレーションが施されている。テレビ台の上には、電球が輝く小さなクリスマスツリーも!子どものみならず、大人も思わず心が躍る内装だ。

クリスマス一色に染まるディズニーアンバサダーホテル。大切な人と、心温まるひと時を過ごしてみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください