イケア、世界を代表するカメラブランド「ハッセルブラッド」とタイアップした最新コレクション「NORRHASSEL/ノッルハッセル」を8月7日(火)より販売

イケアのニュースリリースによると。

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:ヘレン・フォン・ライス)は、世界を代表するカメラブランド「ハッセルブラッド」とタイアップした最新コレクション「NORRHASSEL/ノッルハッセル」を8月7日(火)より販売します。
NORRHASSEL/ノッルハッセルは、優れた写真芸術を多くの人に開かれたものにしていくことを目指したコレクションで、ユニークな8点のネイチャーとポートレートの写真作品で構成されています。撮影を手掛けたのは、そのイメージ性、クオリティ、創造性が認められ「ハッセルブラッド・マスターズ・アワード」を贈られている写真家たち。
同コレクションは、ただ飾るだけの”すごい写真作品”ではありません。どれも、飾った空間にもっと別の何か――ある思い、ある声、ある視点、その心象を写し撮った者の魅惑的な世界観――をもたらします。アートをもっと多くの人が手にできるようになった同コレクションは、2018年8月より全世界のイケアで一斉発売となります。
イケアが行った暮らし関する調査「Life@Homeレポート」によると、人々はものの機能面の有用性に価値を見出していたところから、感情面にも重きを置くようになってきています。この傾向は特にミレニアル世代(2000年代以降に成人した世代)に顕著で、彼らは芸術性やデザイン性といった感情面に訴える要素により高い価値を見出しており、独自性ある空間づくりを重視しています。
イケアのデザイン責任者を務めるMarcus Engmanは「アートに接することが心身の健康にどれだけ大切か、私たちにはわかっています。今回のコレクションで目指すのは、多くの人々の創造性を刺激するだけでなく、”家”という一番大切な空間でどんなアートに囲まれていたいかについて、思いを馳せてもらえるよう考えました」とコメント。
ハッセルブラッドのマーケティングマネジャーであるBronius Rudnickasは「私たちの写真への思いを世界と共有し、ハッセルブラッド・フォトグラファーが創り出す新たなアート作品を、より幅広いオーディエンスに見て知っていただきたいと考えています。このコラボレーションは、世界トップレベルの写真作品を日常生活に取り入れられるようにすることで、人々をインスパイアしようというものです。”家”という空間に一定の情感をもたらすような作品を、美しさ・構図・美学をベースに厳選しました」と話します。
ハッセルブラッドについて
創業1941年のハッセルブラッドは中判カメラとレンズの名門メーカー。スウェーデンで製造されているハッセルブラッドのカメラは、その代名詞ともいえる人間工学的デザイン、妥協のない画像クオリティ、スウェーデンのクラフトマンシップで知られています。ハッセルブラッドのカメラは半世紀以上にわたり、人類初の月面着陸など世界的に象徴的な場面をとらえ、写真の芸術性を通して私たちの世界観を形づくることに貢献してきました。NASAや世界で活躍する偉大なフォトグラファーたちの信頼を得て、ハッセルブラッドはこれからも「Create To Inspire」に基づいて画質を追求した製品をつくり続け、世界にインスピレーションをもたらします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください