羽生結弦「全てが4回転なら誰も勝てなくなる」

THE ANSWER によると。

羽生が「オリンピックチャンネル」のインタビューで“4回転狂騒曲”への思いを語った
 平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦(ANA)。66年ぶりとなる快挙で五輪史に伝説を残した。世界選手権(ミラノ)は右足首の治療などのために欠場。新たなシーズンへ向けて英気を養っているが、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」のインタビューに答え、「プログラムのすべてが4回転なら誰も勝てなくなる」と“4回転時代”の到来について自身の思いを語っている。

 66年ぶりとなる五輪連覇の偉業を達成。国民栄誉賞受賞の声も上がるなど、すでにレジェンドの域に到達した羽生が、「オリンピックチャンネル」のインタビューで、4回転ジャンプへの思いを激白している。
 平昌五輪で史上初の5度の4回転を決めた“4回転の貴公子”ネイサン・チェン(米国)は世界選手権に出場する。ほかにも、宇野昌磨(トヨタ自動車)や金博洋(中国)らがミラノで次々と4回転を成功させるだろう。時代はまさに4回転全盛。そんな中で同サイトは羽生に対し、「自身不在の間にライバルたちが“4回転狂”になるのを憂いているだろうか?」と投げかけている。
 羽生は、答えは複雑だと前置きした上でこう続けた。
「4回転はたくさんあった方が良いに決まっている。たくさんの種類を飛べて、プログラムの中で、全てが4回転だったらそれは誰も勝てなくなると思います」
 同サイトのインタビュアーに対し、もしすべてのジャンプを4回転で固め、それをすべて完璧に決められるなら……。誰にも負けないだろうと強調している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください