紀平梨花73・41点で首位発進「思ったより出た」

日刊スポーツ によると。

シニア1年目の紀平梨花(16=関大KFSC)が73・41点の高得点をマークし、首位発進した。

着氷が少し乱れたものの、冒頭でトリプルアクセル(3回転半)を成功。フリップ-トーループの連続3回転ジャンプ、3回転ルッツもきっちりと決めた。演技後は決めポーズを間違えるシーズン序盤らしいミスもありながら「思ったより点数が出た。トリプルアクセルは少し乱れたので、次は完璧に跳べるようにしたい」と笑顔で振り返った。

前戦はシニアデビューとなった9月のオンドレイ・ネペラ杯だった。いきなりSP70・79点、フリー147・37点の合計218・16点で優勝し、グランプリ(GP)シリーズでの躍進も期待されている。

1週間後にはGPデビューとなる第4戦NHK杯(11月9~11日、広島)が迫る。4日のフリーに向け「西日本で改善するところを見つけて、NHK杯ではマイナスのつかない演技をしたい。フリーではトリプルアクセルをしっかり2本決めて、自信になるようにしたい」と意気込んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください