「金メダルコンビ可愛すぎる」 小平奈緒&羽生結弦の“決めポーズ2ショット”が大反響

THE ANSWER によると。

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は大いに盛り上がった2月の平昌五輪。男子の主役がフィギュアスケートで五輪連覇を達成した羽生結弦なら、女子はスピードスケート500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒だろう。五輪終了後の日本スケート連盟の表彰式で実現した2人の共演。小平が自身のツイッターで羽生とおそろいのポーズを決める2ショットを公開すると、大反響を集めていた。

 2人が獲得したメダルの数はいくつだろうか。冬季スポーツを代表する2人のそろい踏みだった。

 そろいのジャケットに身を包む小平と羽生。羽生の決めポーズを2人で決めながら、顔には笑みを浮かべている。真冬の日本を熱狂させた、金メダリスト同士のお茶目なワンシーンだった。

 小平が「仕上げにゆづと決めてみました」とツイートした1枚に、ファンは続々と反響のコメントを書き込んでいた。

「うわっ!なにこの素敵ショット」
「金メダルコンビ可愛すぎます」
「お茶目でカッコいいパリ散ポーズありがとうございます!」
「お二人ともカッコ良すぎです」
「金メダリスト最強コラボ」
「W金メダリスト、豪華すぎます」

 2人の姿にファンも大興奮。五輪の英雄&女王の豪華共演は、平昌五輪の記憶として観る者の心に刻まれたことだろう。五輪後も圧倒的な結果を残し続ける両者。4年後の期待もかけたくなるところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください