ザギトワ、SP首位発進!トルソワ2位、メドベ14位に沈む

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・ロシア選手権第2日(21日、サランスク)来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)などの代表選考会を兼ねて行われ、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)が80・62点で首位発進した。昨季の世界ジュニア選手権女王のアレクサンドラ・トルソワ(14)は74・96点で2位、ジュニアGPファイナルで初優勝したアリョーナ・コストルナヤ(15)は74・40点で3位だった。エフゲニア・メドベージェワ(19)は62・24点で14位だった。

 ザギトワは今月上旬のグランプリ(GP)ファイナルで紀平梨花(16)=関大KFSC=に敗れたもののGPシリーズで2連勝と安定感があり、2連覇を目指す。メドベージェワは昨季終了後にカナダに拠点を移し、五輪男子連覇の羽生結弦(24)=ANA=と同じブライアン・オーサー・コーチ(57)に師事している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください