坂本花織が逆転初優勝、宮原のV5阻止…紀平梨花は逆転ならず

スポーツ報知 によると。

 女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(18)=シスメックス=が、152・36点の合計228・01点で、SP首位の宮原知子(20)=関大=を逆転し、初優勝。来年3月の世界選手権の代表に決定した。坂本は昨年の大会ではSP首位から2位に終わったが、雪辱した。

 女子としては伊藤みどり以来となる5連覇をねらった宮原は、146・58点の合計223・34点で3位。SP5位から逆転での初制覇を狙った紀平梨花(16)=関大KFSC=は、155・01点の合計223・76点で2位だった。本田真凜(17)=JAL=は合計164・23点。
 坂本花織「実感がわかなくて。初めて228点を取れて満足してます。鼓動が聞こえるくらい緊張した」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください