admin のすべての投稿

高橋大輔が募金で存続のリンクで感謝「ここから世界で活躍するスケーターが育って」

スポーツ報知 によると。

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダルで、約4年ぶりに現役復帰した高橋大輔(32)が14日、大阪・高石市で大阪府立臨海スポーツセンターの改修工事完成イベントに参加した。

 同所はかつて高橋が、織田信成らと練習拠点にしていた。2012年に財政難から存続の危機に立たされ、松井一郎大阪府知事からは耐震工事などで必要な3億円の半分にあたる1億5000万円を集められなければ閉鎖すると言われていた。そこで高橋も募金活動などに協力したほか、大口の募金もありわずか7か月後の12年10月に目標額を達成。全ての工事が今年の9月末に完了し、お披露目も兼ねてのイベントが行われた。

 高橋も演技を披露する予定だったが、約1週間前まで出場した近畿選手権大会で「体に大ダメージができてしまい」と急きょ取りやめた。抽選で選ばれた350人のファンを前に「残念ながら演技ができず、申し訳ございません。ここから世界で活躍できるスケーターが育ってくれることを祈っています」と残念そうにあいさつした。

 その後はプロスケーターの村上佳菜子らと場内を滑って周り、DA PUMPの「U・S・A」に合わせて踊るなど、楽しそうな姿を見せた。イベント後の会見では松井府知事から1億5000万円と言われた当時の感想を「正直集められると思っていなかった。でもやらずに終わってしまうより、やってだめなら仕方ない」と振り返り「日本のスケートリンクは多いとは言えない。新たにつくるのは難しいけど、いろんなところにリンクが増えることを祈っています」と話した。

 演技を取りやめたことについては「本当は滑りたかったので、申し訳ない気持ち。試合をひとつ経て、ダメージがありまして…。試合を続けていく中で無理してやってしまうと次に影響が出てしまうので、申し訳ないのですがやめさせてもらいました」と説明した。それでも自身の思い出がたくさん詰まったリンクの存続に「完成したんだなとうれしい気持ちいっぱいで、気持ちだけは届けられたらなとリンクに上がらせてもらいました」と笑顔で話した。高橋は11月1日から始まる西日本選手権に出場し、目標に掲げる12月の全日本選手権での最終グループでの滑走を目指す。

高橋大輔、復帰初戦振り返り「出来なさすぎて演技中に笑えてきたのは初めて」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(32=関大KFSC)が10日、大阪市中央公会堂での「8Kで甦る!高橋大輔選手感動のNHK杯」に参加し、会場を盛り上げた。過去のNHK杯を、最新のスーパーハイビジョン映像で振り返るもので、5度の優勝を誇る本人の演技がスクリーンに映るたびに、女性ファンが大半を占めた観衆が温かい拍手を送った。

 今季、4年ぶりに現役復帰をした。8日までの近畿選手権はフリーでジャンプのミスが重なり3位だった。イベント中の司会者とのやりとりで、その試合を振り返り「(演技終盤の)トリプルルッツの後は笑いがこみ上げてきた。なんなんって。練習でもこんなにひどいのはない。出来なさすぎて演技中に笑えてきたのは初めて」と場内を笑わせた。

 その一方で「スピンは今の方がいいんじゃないかな。少しでも成長できている部分はあると思う」と、充実感も口にした。今季のショートプログラムの白の衣装については「今までにない雰囲気の衣装。白は体が大きく見えるのであまり着ないんですけど、そういうことも挑戦していきたい」と、新境地で氷の上に立っていることを明かした。

 40周年を迎える今年11月のNHK杯は、競技者としてではなく、歴代優勝者が集う11日の「レジェンドオンアイス」に参加する。

 NHKが放送やホームページで今回のイベントを告知したところ、約4500通の応募があった。抽選で選ばれた約400人のファンが来場した。現役復帰戦の近畿選手権でも、ブロック大会としては異例の有料制(2000円)が敷かれるなど、変わらぬ人気を示した10年バンクーバー五輪銅メダリスト。フィーバーが落ち着く気配はなさそうだ。

高橋大輔「フリーの振り付け間違えた」

スポーツ報知 によると。

  男子フリーが行われ、4年ぶりに現役復帰した10年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(32)は118・54点で、首位だったショートプログラム(SP)との合計195・82点で3位だった。優勝は合計206・80点を出した友野一希(20)=同大=。

 ―フリーを終えて

 「現役復帰してからこんなにボロボロな演技は初めて。練習を含めて初めてだったので、これが試合っていう緊張感だと思う。ショートプログラムとフリーと2日続けてやる難しさだと思いました」

 ―後半はキツかったか

 「呼吸的には、あんまりキツくなかったんですけど、足の方が動かなくなってきて、自分でもよく分からない状態になった。練習不足かもしれないですし、いろんな要素があったと思う。それでも4年前までは力を出し切れた。そこが出し切れていないことは、僕自身の今の弱さと実力ということ」

 ―フリーの振り付けは坂本花織や三原舞依らも担当するブノワ・リショー氏。どうだったか。

 「今回に関してはお客様にどう見せられるかっていうところまで余裕がなくて。緊張なのか、スタートしてすぐの振り付けを間違えてしまって(笑い)。ちょっと動揺した部分があった」