admin

5月 012017
 

ねとらぼ によると。

 米フロリダのディズニー・テーマパークで、5月27日に映画「アバター」のエリアがオープン。これに先駆けて、アトラクションの映像がYouTubeで初公開されました。

 公開されたのは、作中に登場する種族・ナヴィのみこを探して川を下る「Na’vi River Journey」。ゲストはボートに乗り込み、神秘的な熱帯雨林を探険。やがて不思議な歌を歌うみこに巡り会います。

 公式サイトには、空飛ぶ生物バンシーに乗って戦う「Avatar Flight of Passage」や、物語の舞台でハイキングできる「Valley of Mo’ara」といったアトラクションも。ナヴィのイメージを再現したフードも紹介されています。

 Posted by at 8:40 PM
4月 112017
 

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートの元世界女王の浅田真央(26)=中京大=が10日、現役引退を発表した。国民的ヒロインの決断に、ネット上では驚きの声とともに、「真央に国民栄誉賞を!」の声が相次いだ。

 これまで五輪を最高峰の大会とする競技では、柔道の山下泰裕、マラソンの高橋尚子、レスリングの吉田沙保里、伊調馨といずれも金メダリストが受賞している。真央は五輪ではバンクーバーの銀メダルが最高。受賞となれば異例だが、国民栄誉賞の表彰規定は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」とあり、魂の演技で国民に勇気と感動を与えてきた銀盤のヒロインも十二分に当てはまる。

 中には12年に受賞しているレスリングの“霊長類最強女子”吉田沙保里の「声を挙げてほしい」と“助っ人”をお願いするファンも。政府の判断の行方が注目される。

 Posted by at 10:48 PM
1月 022017
 

Impress Watch によると。

 東京ディズニーリゾートで「東京ディズニーランド/東京ディズニーシーのお正月」が2017年1月1日~1月5日まで開催中だ。「東京ディズニーシーのお正月」では、メディテレーニアンハーバーにミッキーマウスをはじめディズニーの仲間たちが登場。船上からパークで過ごすゲストに新年のご挨拶をして、お祝い気分を盛り上げている。1月1日に報道公開がされたので、新しい年を迎え喜びにあふれるパークの様子をレポートする。

■ミッキーマウスたちと一緒に手締め、「ニューイヤーズ・グリーティング」で1年の幸せを祈願

 お正月限定の特別プログラムとしてメディテレーニアンハーバーで「ニューイヤーズ・グリーティング」を開催。この時期だけしか見ることのできない和装姿のミッキーマウスと、振り袖姿が可愛らしいミニーマウスたちが揃って新年のご挨拶に船に乗って登場する。

 元日の初回では、2017年、2018年の東京ディズニーリゾート・アンバサダーの福本望氏が乗船。「皆さま明けましておめでとうございます。キャストを代表する親善大使として、ミッキーたちとともにディズニーの夢や喜びをたくさんの方々にお伝えしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします」と冒頭で挨拶し一礼した。

 続いて、「皆さん、明けましておめでとうございます。こうしてみんなと一緒に新年を迎えられてうれしいなぁ」とミッキーマウスが新年のご挨拶。ドナルドダックが「お餅をいっぱい食べるぞ!」と意気込み、思わず笑みがこぼれる場面も。

 ミッキーマウスが途中「ここにいるみんなが幸せで、楽しい1年が過ごせるように、願いを込めて手締めをしようよ!」と提案。「それでは、ここにいるすべての皆さんが楽しく幸せな1年を過ごせますように。お手を拝借! よ~お!」とハーバーにいる全員で手締めをし「ハッピー・ニュー・イヤー!」と大盛り上がりする一幕も。手締めをすると同時に自然に笑顔があふれ、1年が素晴らしいものになりそうな予感がする夢いっぱいの約15分間だ。1日2回公演。出演者総数6名。

■お正月と15周年記念を一度に楽しめるお祝いムードたっぷりのデコレーション

 開園15周年イベントを開催中の東京ディズニーシーでは、お正月気分を盛り上げる門松をデコレーション。ミラコスタ通り入口ではプロメテウス火山や、太陽をイメージしたゴールドの装飾に、ドナルドダックが描かれた羽子板がアレンジされた大きな門松がゲストを迎えてくれる。

 ドナルドダックの羽子板はよく見るとドードーやフクロウなどディズニーの鳥キャラクターたちが描かれているので、写真撮影の際はじっくりと見てみよう。ゴールドとシルバーの水引も華やかで、花や同部分、“HAPPY NEW YEAR 2017”の文字部分などもブルーとなっており、ドナルドダックのカラーがふんだんに使われていた。なお、竹の切り口は東京ディズニーランドの斜めに切った“そぎ”に対し、真横に切った“寸胴”となっている。

 なお、15周年の記念バナーもフィナーレに向けて、新たなデザインが掲げられており、ダブルでお祝いムードが味わえるのも今年ならではの光景だ。「ディズニースナップフォト」(1540円)も実施しており、1月5日までは東京ディズニーリゾート「ニューイヤー」の台紙となっているので、パークを訪れた記念に1枚撮ってみては。

■だるまシェイプに鏡餅、新春気分を高めるグッズが満載

 東京ディズニーリゾート内では、お正月にちなんだスペシャルグッズを期間限定で手に入れることができる。酉年の今年は、干支の「鳥」にちなんでドナルドダックたちをフィーチャー、酉づくしとなっている。「生ましゅまろ 黄身あん入り」(750円)は大きめのだるまシェイプのドナルドふんわりましゅまろに、優しい甘さの黄身あんがたっぷり。口に入れるとそのやわらかさと美味しさに笑顔になれる。

 また、パッケージからおせんべいを“トリ”出すと素敵なメッセージでハッピーになれる「おせんべい」(1300円)、きなこ味の和風クランチが味わえる「チョコレートクランチ」(1200円)などお正月にワイワイしながら家族や友人たちと味わえるスーベニアももりだくさんだ。

 さらに、お正月感がたっぷり詰まったグッズも用意。「メモセット」(1000円)や「ふせんセット」(650円)などステーショナリー関連も豊富なため、ディズニー詣のお土産に、友人にハッピーをプレゼントできるグッズなどショップでチェックしたいところ。お菓子類は「ヴァレンティナーズ・スウィート」。そのほかは「エンポーリオ」で販売中。

■あったかおしるこでほっこり、食べ歩きメニューでパークのお正月を味わう

 期間限定でお祝いムードを盛り上げるスペシャルメニューが登場。毎年人気の「おしるこ」(350円)は、だるまシェイプのドナルドダックが描かれた特製最中が入っており、溶かすことで風味や美味しさがよりアップする。

 しっかりとした甘みのなかに塩気もあるクセになる美味しさは、冬のパークで重宝。白い最中をおしるこに溶かすと、もっちりとろけるお餅のような食感になるとともに、おしるこの味わいにより深みが出て、一口味わうたびにハピネスあふれる美味しさに。メディテレーニアンハーバーの「ゴンドリエ・スナック」、アメリカンウォーターフロントの「ニューヨーク・デリ」。そして、ロストリバーデルタの「トロピック・アルズ」で味わうことができる。

 また、1月5日までの期間限定で「きなこのムース、スーベニアカップ付き」(750円)も登場。きなこの風味があふれる濃厚ムースにたっぷりの黒蜜とクリームが相性抜群。あん入りの草団子や、梅の形をしたホワイトチョコがトッピングされ一足早い春の訪れが感じられるデザートとなっている。

 スーベニアカップに紅白の梅の花と、ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダックにデイジーダックが和装で描かれておりおめでたい雰囲気もたっぷり。メディテレーニアンハーバーの「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」で販売中だ。

※商品は品切れや金額、内容等が変更になる場合があります

■移動中も新年気分! ディズニーリゾートラインのフォトスポットでパチリ

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、そして各ホテルとパークを結ぶディズニーリゾートラインもお正月気分たっぷり。「リゾートゲートウェイ・ステーション」にはフォトスポットが登場し、利用する多くのゲストが撮影を楽しんでいる。

 フォトスポットには、金地にミッキーマウスとドナルドダックが描かれ、梅と松、東京ディズニーランドのシンデレラ城、東京ディズニーシーのプロメテウス火山、ディズニーリゾートライン、そして朝日が描かれ、おめでたい雰囲気がいっぱいだ。

 また、門松も飾られており、ドナルドのシルエットとともに、じっくり見ると足のモチーフも発見できる。紅白の花々や松竹梅も美しいので、ぜひディズニーリゾートラインを利用の際は記念に1枚撮ってみてはいかがだろう。

 ミッキーマウスやディズニーの仲間たちとの手締めで一体感を味わい、お正月ならではのおしるこや、グッズで新しい1年の始まりを笑顔で過ごすことのできる東京ディズニーシー。開園15周年のお祝い&お正月で幸せあふれるパークへ、東京ディズニーランドとともに訪れてみては。

 Posted by at 11:43 PM
1月 022017
 

スポーツ報知 によると。

 東京ディズニーリゾート(TDR)の「スター・ウォーズ」と言えば、ランド(TDL)の人気アトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」が有名だが、公開中の最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」をイメージしたスペシャルドリンク2種類が、ディズニーアンバサダーホテルの「ハイビリオン・ラウンジ」で31日まで期間限定で販売されている。

 「デス・スター」(1500円、オリジナルポストカード付き)は、コーヒーゼリーをつぶして飲むドリンク。デス・スターとは、映画「ローグ・ワン-」に登場する、銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器のこと。映画は、このデス・スターの設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」に加わった女戦士ジンの物語。デス・スターを模したコーヒーゼリーは、球体で穴と筋が入っている。これにキャラメルシェイクを注いで、つぶしながら飲む。

 スプーンが必要かなと思ったが、筋が入っているだけに、ストローだけできれいに砕けてドロッとして吸い込めた。デス・スターを破壊しているような気分になった。球体の下にブルーシロップが入っており、キャラメルシロップを入れても、どんどん青くなっていくのも面白い。

 もう一品は「ストームトルーパー」(1300円、オリジナルポストカード付き)。帝国軍のエリート兵士をイメージしたミルクベースのフローズンスペシャルドリンク。第一作から登場するおなじみの白い兵士で、わかりやすい。「ローグ・ワン-」を見ていない人はこちらか、と言いたいところだが、デス・スターをつぶしながら飲むのは、映画を見ていない人にも、おすすめしたい

 Posted by at 1:58 PM
12月 252016
 

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、大阪・東和薬品RACTABドームで、世界選手権の代表選考を兼ねて女子フリーがある。ショートプログラム(SP)首位で3連覇を目指す18歳の宮原知子(関大)を筆頭に、10代の若手選手が中心のハイレベルな争いが期待できそうだ。

 宮原はSPで参考得点ながら自己ベストを更新する76・49点をマーク。ミスが少ないジャンプに加え、表現面でも着実に成長。「(フリーは)本当の本番。思い切り滑って、自分の世界観を出したい」と誓う。

 SP2位で20歳の本郷理華(邦和スポーツランド)は、フリーで昨季の「リバーダンス」に戻して勝負に出る。「のびのびと頑張りたい」と語るように、長い手足を生かした演技ができるかがカギだ。

 Posted by at 4:28 PM