羽生結弦、右足首負傷乗り越えV!、“ロシアの皇帝”が名演した「ニジンスキーに捧ぐ」をモチーフ

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯第2日(17日、モスクワ)男子フリーで、ショートプログラム(SP)で首位に立った羽生結弦(23)=ANA=がフリー1位の167・89点。合計278・42点で自身初のGPシリーズ連勝と、ファイナルを含めた日本男子単独最多の10勝目を挙げ、2年ぶりのシリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出を決めた。SP4位の友野一希(20)=同大=は合計238・73点で3位だった。

 試練を乗り越えた。羽生は公式練習で4回転ループを試みて転倒し、途中で練習を切り上げた。会場を引き揚げる際は右足首をアイシングし、足をやや引きずりながらバスに乗り込んだ。第3戦フィンランド大会でマークした190・43点は下回ったが、懸命な舞いを披露した。

 冒頭に予定した4回転ループは回避し、サルコーに変更して成功。続く4回転トーループも着氷した。基礎点が1・1倍になる後半は、フィンランド大会で成功させた4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)ではなく、4回転トーループ-3回転サルコーでつないだ。その後のコンビネーションジャンプは3回転半で転倒し、もう一つの3回転半も回転が抜けるなど、大幅な演技構成の変更を余儀なくされた。

 4度目のロシア杯。初出場は8年前、シニアデビューした15歳のときだ。しのぎを削ったのがのちに世界王座を争うパトリック・チャン(27)=カナダ=やハビエル・フェルナンデス(27)=スペイン=だった。結果は7位。痛感した壁の厚さが生粋の挑戦者を成長させた。11年大会はシリーズ初優勝。昨季は自身4種類目の4回転となる大技のルッツを決めた縁深い地で好演を期してきた。

 ロシアは尊敬してやまない元世界王者のエフゲニー・プルシェンコ(36)の出身国でもある。今季のフリー「Origin」は、“ロシアの皇帝”が名演した「ニジンスキーに捧ぐ」をモチーフにするだけに、好演への思いは強かった。

紀平梨花、GP初Vの実感沸かず「まさかこんなにもいい点数が出るとは」

スポニチアネックス によると。

 女子で表彰台に上がった紀平梨花(関大KFSC)、宮原知子(関大)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は表彰式を終え、会見に臨んだ。

 ―演技を振り返って

 紀平「昨日はトリプルアクセルに不安があったけど、今日確認してそれが演技に現われたのが嬉しい」

 宮原「フリーでは硬さが出てしまった。演技自体は悪くないけど、もっともっと頑張らないといけないと思った」

 トゥクミシェワ「満足している。カナダよりもいい演技を見せられて嬉しい。自己ベストになったので、これからも成長していい演技を見せたい」

 ―(紀平と宮原に)チームに強い選手がいる。ライバルと練習するメリットは

 紀平「宮原選手はずっと尊敬しているし、いつも見習ってばかり。いい環境でやらせてもらっている。コーチも敵ではなくいいライバルと言って下さっていて、すごいいい環境で練習しているので、感謝したい」

 宮原「本当にいい環境で。普段の練習からたくさんの刺激を受けられている。もっともっと頑張らないとという気持ちを忘れずに日々、練習できている。紀平選手やそのほかの強い選手たちから自分にはない良さを見て、勉強したり自分のものにできるようにしていて、コーチからもそれぞれの選手の良さを盗んで勉強して、足りないところを補うようにしたらいいと思うと言っていただいている」

 ―(紀平に)224点を出して初のGP初優勝にどんな思いか

 紀平「終わったばかりで実感が沸いていない。SPの時点では巻き返せるか分からないくらいの不安もあったし、SPのミスがフリーへの集中力とかやる気にも変わって、まさかこんなにもいい点数が出ると思っていなかった。すごいいい経験ができた。どこを直せば点数が伸びるか研究して、これからも上を目指せるように、満足せずに明日、明後日から気持ちを持っていきたい」

 ―(宮原、トゥクタミシェワに)ファイナル、国内選手権に向けて

 宮原「ファイナルでは今回見つかった課題とか、直してきた課題をしっかりSPとフリーの両方で達成できるような演技をしたい。全日本選手権も大事。1試合1試合が次につながるものになるように頑張りたい」

 トゥクタミシェワ「ようやくファイナルに出ることができて嬉しく思っている。バンクーバーは写真で見てきれいな場所だったので楽しみ。6人の最強の選手が集まる。おもしろい大会になる。ロシア選手権はこの大会みたいに、もしくはよりいい演技を見せることを目標にしている。ロシア代表になって欧州選手権、世界選手権に出られるよういい結果を出したい」

 ―(紀平に)4回転トーループは今季中に見られるか

 紀平「今の時点では今季入れる予定はない。練習はオフシーズンの中で良くなってきている。来季を目標に、試合の合間にできるときに練習をしていきたい」

 ―(トゥクタミシェワに)紀平の3Aはどう映るか

 トゥクタミシェワ「残念ながら紀平選手の演技を見ることができなかった。フィギュアがスポーツとして成長していくのは嬉しい。トリプルアクセルが2つある選手がいるのは非常に素晴らしい」

高橋大輔、連続ジャンプで減点「1個目のジャンプで上がりすぎて」

デイリースポーツ によると。

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、4年ぶりに現役復帰した高橋大輔(32)=関大KFSC=は83・56点で、首位発進した。1番滑走で登場した高橋は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷。その後の3回転-3回転の連続ジャンプで体勢を崩したが、きっちりと演技をまとめ、大きな拍手を浴びた

最初の要素「トリプルアクセル(3回転半)」は出き栄え点(GOE)も3から5がつき加点を得たが、続く連続ジャンプで体勢を崩し、ここでGOEで減点された。以後は無難にまとめたが、課題と伸びしろのあるSPとなった。

 演技後は「コンビネーションの1個目のジャンプで上がりすぎて、うまくつけられなかったのは残念だったけど、それ以外の部分は、緊張感はすごく高かったけど、落ち着いてきっちりできた。走り出しというか、スタートはよかったかな」と振り返った。

 4日のフリーへ向けては「近畿選手権ではほとんどミスになってしまったので、特に後半、きっちり決めたい。スピンやステップでもバテないように、思いっきり滑りたい」と話した。

 復帰初戦となった近畿選手権はSPが77・28点。フリー118・54点の合計195・82点で、全体3位で今大会へと進出しており、今大会の上位12位までに入れば、全日本選手権の出場権を得る。